前へ
次へ

注文住宅で必要になる水回りには何があるか

水は時に水害を起こしたり、木や鉄などを腐らせたり錆びさせたりします。
ただ生き物は水を飲まなければならず、植物なども水が無いと育ちません。
住宅においても水は非常に重要なので、水の供給ができる設備や水を排水する設備などを整えておく必要があるでしょう。
注文住宅では自分たちで家造りに参加できるので、必要な設備の希望などを伝える必要があります。
家造りに置いての基本として水回りは集めた方がいいとされていますが、最近は防水技術なども向上しているので分ける造り方も可能です。
一階だけでなく二階にも同じ設備を設けるなども可能になっています。
では水回りには何があるかですが、キッチン、トイレ、お風呂が代表的なところでしょう。
さらに洗面台も加えて設備選びをしなくてはいけません。
キッチンやトイレはそれぞれ別物として考えますが、お風呂と洗面台は比較的近くに設置することが多いでしょう。
さらに洗濯機を置くスペースも近くに設置することが多いです。

Page Top