前へ
次へ

窓が閉まりにくい時は窓ごと交換か

古い住宅に住んでいるといろいろなところが傷んできます。
物は一生使えるものもあればそれなりに劣化して使えなくなるものもあり、使えなくなれば交換が必要になります。
住宅もある程度は長く使えるのでしょうが、時には建て替えを考えなくてはいけないときもあるので注意が必要でしょう。
長く住んでいると良くあるのが窓や扉が閉まりにくくなる状態です。
住宅は長く使うとゆがみなどが生じ、当初合っていた扉などが合わなくなるときがあります。
合わなくなれば閉められなくなるので、交換をしなければ使い勝手が悪い状態が続きます。
でも窓や扉の交換はそれなりにお金がかかります。
窓が閉まりにくいと感じた時にチェックしたいのが窓のコマの部分です。
窓のタイプによって異なりますが、レールに沿って開け閉めするタイプだとレール部分にコマが設置されています。
そのコマが劣化していると開け閉めがしにくい時があり、コマを交換するだけでスムーズになるときもあります。

Page Top