前へ
次へ

土地を有効活用できるピロティ構造

住宅用の土地においては狭小地と呼ばれる土地があり、通常よりも面積が狭かったり形がいびつだったりします。
面積が狭ければその分建てられる建物も狭くなるので、十分な居住スペースが確保できないかもしれません。
さらに自動車の駐車スペースを確保するのも難しくなるときがあります。
土地を有効活用する方法として検討したいのがピロティ構造の建物です。
建物の一階部分に空間を設定して、居住スペースは二階以上に設置します。
三階建て住宅の二階と三階に住み、一階に駐車場や物置などにするタイプになります。
駐車場スペースから室内に入れる仕組みなども設置できます。
ピロティ構造は開放的な印象が得られることで人気がありますが、耐震上の問題もあるので注意が必要です。
駐車場を一階部分に設置するとその分一階部分に柱や壁が設置できなくなり、耐震性自体は低くなります。
周りの柱や壁を強くするなどが必要になり、地震が心配な時は別の構造も考えた方がいい時もあります。

Page Top